プロフィール

Ristretto

  • Author:Ristretto
  • 名前欄が空欄の方は削除します。
    人が見て不愉快になる様なコメント、意味不明等のコメントも予告なく削除させていただきます。

    by Ristretto

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものようにゲームとは全く関係のない話です。



 部屋の掃除をしていると、見慣れないダンボールの箱を発見。
開けてみると、数年前に購入したまま開封すらしていないパスタマシンでした。
実は私の場合こういう事がしょっちゅうで、熱意を持って購入するものの、
その後は面倒になって忙しくて作らないままというケースが多々あります。

後述するのですが、実際に使ってみるとこのパスタマシンがまた優れものでして。。。

よし久々にラーメンでも作るかと、箱から取り出す間、昔ラーメンを作った
時の事を思い出しました。

 結婚して初めて作ったのが、ラーメンでした。もちろんインスタントでは無く、
スープから作るのです。
その頃、ネットにはこんなに情報が溢れていなかったし、全てが手探りでした。
鶏ガラなどは手に入るのですが、豚の背脂や、ゲンコツなどが手に入らず、
肉の解体所に片っ端から電話して、小売りしてくれる所を探して買いに
行きました。
(今にして思えば何故解体所なのか謎。近所の肉屋に事前に頼んでおけば
 良いだけの話だったのに)

直売という事もあり、10キロ単位でしか販売していただけなかった為、
持ちきれないほどの豚骨を購入。工場を出て車に乗り込んだ時、妻の顔は
おもいっきり不安そうでした(笑)
どうやら工場の方に『近々お店でもやるの?』とひたすら聞かれたらしい(笑)
きっととんでもない人と結婚してしまったと思ったんじゃないかなぁ。

結局、作ったスープは特別上出来でも無く、あまり納得いくものではありませんでした。
今にして思えば野菜や果物が多過ぎて、甘味が出過ぎてしまったんですね。
無化調だったし。

部屋にはスープの匂いが充満し、新婚家庭は暫くの間トンコツフレグランスだったなぁ。。


20111023201.jpg
 そんな訳で今回、スープはプロに任せてwこのパスタマシンを使って初めて麺を
作りたいと思います。

中華麺を作るにあたって、最初の難関は『かん水』の入手です。

かんすい:Wikipedia


スーパーでかん水を売っているのなんて見た事ありませんので目にした事の無い方も
多いのではないでしょうか。
重曹を代用している方がとても多い様ですが、かん水の手に入りにくさが、代用の
理由なのでしょう。

20111023200.jpg
どうせチャレンジするならと、ネットでモンゴルの粉末かん水を取り寄せました。

20111023202.jpg
粉は準強力粉の『とみざわからの贈り物』を使用します。
ハッキリ言って製麺は未知の世界なので、これが正しいのかどうかがわからない。
失敗したらまた作ればいいや程度の感覚で。

加水率は随分悩みましたが、最終的には37%程度になったと思います。
(40%分作っていましたが残したので)
次回はもっと多加水で打って違いを確かめてみようと思います。


粉末状のかん水と塩を水に混ぜるのですが、一度に投入すると溶けきれず底に
固まってしまうので、常に撹拌しながら少しずつ溶かしていきます。
またかん水はアルカリ性ですので、ホーローやステンレス製、プラスチック製
の容器で溶かさなければなりません。
かん水と塩の量は粉に対してそれぞれ1.2%としました。

20111023203.jpg
私はプロテインのシェーカーを使って撹拌します。

混ぜたかん水は冷蔵庫で寝かせた方が良いらしいので、初日の作業はここで終了。


同時にとろけるチャーシュー(正確にはほぼ煮豚)を仕込みます。

1.5キロの豚バラブロックを用意。ちょっと多いと思われるかもせれませんが、
小さくなりますし、ウマ過ぎてあっという間になくなりますからこれ位は必要です。

20111023204.jpg
肉厚な部分を中心にして巻き、糸で縛ります。


20111023205.jpg
肉が隠れる程度の水を入れ、3時間ほど灰汁をとりながらコトコト煮込みます。


時間が経過したら一度煮汁をボールに逃がし、再度なべに肉を並べたら濃口醤油、
たまり醤油、焼酎、ザラメ、味醂、砂糖、煮汁で肉が隠れる程度にします。
結構適当でも大丈夫。ザバザバザバザバーーーーって感じで。
ネギの切れ端、生姜、ニンニクを入れ3時間ほど弱火で煮込みます。

20111023206.jpg
途中、蒸発で水分が少なくなってきたら、焼酎(私は純を使用)を継ぎ足し補います。
とにかく肉が常に水面以下の状態をキープ。
木の落し蓋か、オーブンシートを被せると、浮き上がり防止になりますし、煮汁が
回っていい感じです。

20111023207.jpg
所定の時間弱火で煮たら、すでに箸で持てないくらいにトロトロですので、煮汁に漬けた
まま一晩寝かせます。
この時浮いている脂の層を掬っておけば、ラードになります。
チャーシューの切れ端とこのラードを使えば翌日には美味しいチャーハンも楽しめますよ。

あと、煮汁が冷めたらゆで卵も漬け込んでおきます。
このまま一晩放置します。

後半に続く。。

コメント

  • 10月 24 2011
    • 2011/10/24(月) 02:23:21
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 名無しの権兵衛 #-
ラード…その手があったか…

Ristrettoさんはいつも何時間ほど煮ますか?
  • 10月 24 2011
    • 2011/10/24(月) 16:13:38
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 海援隊 #-
後半楽しみですが
どうも、よし俺も・・・とはいかないですねw
  • > さん

  • 10月 24 2011
    • 2011/10/24(月) 20:38:17
    • [ 編集 ]
    • URL
    • Ristretto #WzzJX4NY
> Ristrettoさんはいつも何時間ほど煮ますか?

煮込んでいる時間は6時間弱です。
> どうも、よし俺も・・・とはいかないですねw

今回はちょっと苦戦しました・・・詳しくは後半で。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。