プロフィール

Ristretto

  • Author:Ristretto
  • 名前欄が空欄の方は削除します。
    人が見て不愉快になる様なコメント、意味不明等のコメントも予告なく削除させていただきます。

    by Ristretto

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母「今日は何が食べたい?」
子「トロ!」
父「・・・・寿司とかならまだしも、ネタの指定とか勘弁して下さい」

どうやら妻の実家で随分と贅沢をしてきたようで。

と、いう事でみんなで寿司を握ることに。

実は我が家では寿司を結構握ります。
こんな本があるくらいで。

2007112903.jpg




シャリは有名な「寿司屋のおかみさん小話」を参考に。
「寿司屋のおかみさん小話」
寿司屋の酢飯(シャリ)の作り方

寿司酢の配合からシャリの切り方・寿司の握り方も動画で見る事が出来てとても参考になりますよ。

余った寿司酢は冷蔵庫で保存できるので便利です。

2007112901.jpg

手巻き寿司とは違った美味しさですよね。

2007112902.jpg

はい、どうぞ。

子供もおにぎりの様な寿司を握ってました(笑)


すし屋の板前さんが教えるうまいすしをつくる
すし屋の板前さんが教えるうまいすしをつくる

日本一江戸前鮨がわかる本
日本一江戸前鮨がわかる本
すしの技 すしの仕事
すしの技 すしの仕事

スポンサーサイト
2007111301.jpg


スフレチーズケーキ連続製作中。

頭の中で思い描いているものに「あと少し」。

バニラビーンズを加えたり、やっぱり抜いたり。

砂糖の量を減らしたり、卵白を増やしたり。

1000円もするクリームチーズを使ったり、安いのを使ったり。


その甲斐あって少しずつ近づいている感じ。週末までには完成しそうだ。


2007111302.jpg


さて、明日は任天堂の展示会。何かあればアップする予定なのでヨロシク。




  • こぉ~べぇ~

20071110184748

なぁいてどぉなるのかぁ~

予定外のお仕事で神戸に。

珍しく出先から更新。

下調べせず迷いながら来たぜよ。

2007111001.jpg

もう夜だというのにとても多くの人。修学旅行生とかも。
写真にヘンな人形が写っててちょっとビビった(笑

2007111002.jpg

何となく華やかだ。

2007111003.jpg

松茸入りの肉まん屋さん。

2007111004.jpg

蒸したて。
乾燥松茸を入れてるみたい。肉汁がドバッと出た。

2007111005.jpg

有名らしいEst Royalでシュークリームを。
老夫婦が私の後に入店してきた。

「・・・(ごめんよオッサン、シュークリームは俺が全部買い占めたんだゼ)」
※写真は「工エェェ(´Д`)ェェエ工」とか言ってる老夫婦。

もっとゆっくり見たかったなぁ。
写真は無いけど餃子のつけダレが味噌でとても美味しゅうございました。


  • 京都へ

以前京都に行った時の写真をアップし忘れていたのでアップしてみる。


我が家は年に数回は京都に行きます。大昔お世話になった方がお住まいなので。
今回は妻の母が愛用しているお香をプレゼントする為に。

2007101501.jpg

 早速、八坂神社近くのお香の老舗、『豊田愛山堂』さんへ。知恩院御用達だそうで。
ちなみに店内に佇む少年が我が子だったりします。
モザイクは赤の他人です。

2007101502.jpg

ぎっしり並んだお香の数々。
他にも「にほひ袋」や「香炉」が並びます。
目的の品は店頭に並んでいない品で、奥から出してきてもらいました。
なぜ並んでいないのかは謎。金ピカの箱に入っているので珍しいやつなのかも。

2007101503.jpg

京都って何を撮ってもサマになりますよね。
この後評判の親子丼のお店に行きましたが、大した事なかったのでパス。

2007101504.jpg

暫く歩くと小腹が空いたので『北屋』さんへ。北屋さんは丹波黒豆の専門店です。

2007101505.jpg

各テーブルには石臼が置いてあるんです。

「わらびもち」と「くずきり」と「みたらしだんご」を注文。

真横にあるスペースでみたらしだんごのお餅を焼き始めます。(そこからかよっっ)

2007101506.jpg

煎ってある丹波黒豆参上。

そう、こちらでは丹波黒豆を自分で石臼で挽いて「きなこ」を作って食べるんです。


石臼にあけられた穴に数粒づつ黒豆を投入。
余計な熱がかかると風味が変わってしまうのでゆっくりゆっくり石臼を回します。
とても地味な作業ですが、注文した品が出るまでの時間つぶしには最適。子供も大喜びです。

2007101507.jpg

数粒ずつですから、きなこも少しずつしか出てきません。

2007101508.jpg

溝の部分に溜まったきなこをハケで集め、漉器でふるいます。

2007101509.jpg

色的に本蕨ですね。

2007101510.jpg

焼きあがったみたらしだんご。この焦げが香ばしいんですよね。

で、きなこも凄く香ばしいのでとってもσ゚д゚)ボーノ!

2007101511.jpg

黒豆の事を「お天道様と丹波の自然がじっくり、じっくり育てた食べる宝石」と書かれていましたが、まさしくその通りの味でした。
挽きたての黒豆はとても香ばしく、味わい深い!
本気で石臼を買おうかと相談したら返事がありませんでした。どうやらただのしかばねのようです。

彼女はいつもこうです。つい先日もピッツェリアにある石釜が欲しいと言ったら石化状態に。何かがおかしい。




これから京都は紅葉が綺麗になる季節ですね。

今年は色づくのが遅れ気味の様ですが、以前観た京都の紅葉は息を呑む様な美しさでした。

機会があれば是非訪れてみて下さい。ホント想像以上ですから。

今年も出来れば行きたいと思ってますが・・・。


おまけ:こんなのも見に行ってきた。外から見ただけだけど(笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。